スポンサーリンク

この物語は「40代で未婚の男性が4年後に結婚する確率は3%(所説アリ)」というこの絶望的な数字を打破するべく「ウルトラマンジード」の星雲荘の仲間たちのように、運命をひっくり返そうと抗い続ける、冴えない40代男の物語

 

・・・なーんて書いてますけど、要は結婚し損ねているオッサンがバタバタしている話です。(笑)

 

前回の話を読まれる方はコチラ。
あら、これはどがん話やろか?最初から読んでみゅうかね?って方は⇨コチラ。

 

 

コロナ禍において、いかに婚活を続けていくかと悩んでいるヘル兄R。

 

このコロナ禍では、人が集まるイベントは殆ど中止となり、リモート婚活が主流になりつつあるが、その開催回数は少ない。

 

そして私の年代である40代後半が含まれるイベントは更に少ない・・・。

 

「お見合いシステム」のお引き合わせに行こうとしても、近隣の支所の営業スケジュールと自分の休みが合わない。

 

 

うぬぅ・・・どうしたものか・・・。
(; ・`д・´)

 

 

そんな中、私の本職の職場でのこと。

 

パソコンの作業を行っていると、職場にいる別セクションの女性(以下、女性A)の方が声を掛けて来た。

女性A「ヘル兄って、髪染めてるでしょ?」

私「ええ、染めてますよ。白髪多いですしねー。」

女性A「よく見ると色が別れて来てるよね?そろそろ染めないといけないんじゃないの?」

そういえば、前回斬髪した時に染めてなかった。その時は特に婚活とかもなかったころだしなー。

 

私「そうですねー、でも最近コロナ禍で婚活ないしなー。」

女性A「アハハ、やっぱり影響あるんだー。」

私「開催されるとしても、最近はもっぱらリモート婚活ばかりですし、もしリモート婚活に出るとしても白髪とかがあんまり目立たないと思うので、急いで染めないといいかなと。」

女性A「リモート婚活なんてあるんだ?」

私「でも、普通の婚活イベントでもなかなか結果が出ないのに、直接アピールが出来ないリモート婚活じゃ、なおさら結果が出ないかもしれんから、果たしてどうなのかなー?なんて思ってるんですが・・・。」

 

って、頭を掻きながら話していると・・・

 

となりのセクションから、ある女性(以下、女性B)が話に入って来た。

な、なぬ?
Σ( ̄□ ̄|||)

 

こんな近くに、婚活をやっている方がいたのか・・・?ってか、この女性、日頃の会話からして、パートナーがいるのかと思っていた。

女性B「なかなか面白いですよ、ZOOMなんか使ったりして。」

私「まあ、やり方は私もわかるけど、結構イベントとか出たりしてるの?」

女性B「はい!色々出てますよ。」

 

 

・・・私は、ちょっとだけ、イベントの数が減って良かったと思った。

 

 

もし、職場の同僚と婚活イベントの場でバッタリ会ってしまったら・・・

 

 

私は多分、委縮してしまうと思う。

 

 

・・・ってか、そうなるでしょ!w

 

 

職場では余り見せない「異性に対して自分をアピールするために、必死になって会話をする自分」を見られるのって・・・

 

 

かなり恥ずかしくないですか?

 

 

私は恥ずかしい。w
(〃ノωノ)

 

 

あー、その状況は考えたくもない。w

 

 

しかし、その女性Bは確か20代後半か30代前半だったと思う。

 

・・・まあ、同席することは・・・ないかな?
(;´∀`)

 

でも、もし職場の同僚の女性と顔を合わせる事があったら、逆にその人の知らない部分を知ることが出来るのか・・・

 

 

うんにゃ!!職場はダメだ!!

 

 

ってか、まずはないね今の環境では。w

 

どっちにしても、婚活イベントで知っている女性会うかもしれないというリスクが存在するのだなと、改めた思ったヘル兄でした。

 

さて、台風10号が過ぎたら活動再開だ。

 

 

何事もなく、台風一過になるといいな・・・。
(;’∀’)

 

つづく。
スポンサーリンク
<

にほんブログ村

婚活ランキング