スポンサーリンク
こんばんは、ヘル兄Rです。

 

私事ですが・・・

 

今日の私の本職は上司二人が休みだった。

 

「あの話」どうなってるのかなぁ・・・。

 

はやくハッキリさせてほしいわ。

 

あ、すいません愚痴りました。
m(__)m

 

 

本題に入ります。

 

 

このネタバレだらけのネット社会で、あくまでネタバレを極力抑えながら読んだマンガを紹介する自己満足のこのコーナー、今回も参ります。w

 

タイトルにも記していますが、今回はこれを読みました。

「はじめの一歩 132巻」です。

 

 

今巻は、Sミドル級の鷹村守VS.キース・ドラゴンのベルトを賭けた一戦がメインです。

 

今回の試合内容は「鷹村の調子が良すぎる」という「違和感」のせいか、鷹村が王者キースに猛攻を見せます。

 

そういえば試合前に、鷹村家のエピソードがありますが・・・

 

確かにあんな考え方の家庭なら、出ていきたくもなるのかもしれん。w

・・・ってか、鷹村兄弟、あんな性格だったかな?

 

あと、個人的には今巻は「あること」に関する伏線がいろいろと張られている回だと思います。

「あること」とは私もこのサイトではハッキリとは書いてませんが、その「あること」についての予想は以前の記事でもやんわりと書いていると思います。

 

試合前というタイミングではあるけれど、試合前に神社で神頼みのお参りをする鷹村。

試合開始直後に「願い事があるんだ。神様ってヤツはどこにいる?」とキースに問う鷹村。

そしてこの巻ではありませんが「オレ様には時間がない」と口にすることがある鷹村。

 

はじめの一歩を昔から読んでいる方々はお分かりとは思いますが、基本的に鷹村は自分のことは自分自身で道を切り開こうとする性格です。

 

神頼みはしないタイプだと思います。

 

そんな彼が神頼みをするってことは「自分自身のこと以外で、自分の力ではどうしようもないことが起きている。」ってことなんでしょうね。

 

 

そして、それが「一歩の復帰」へのカギとなると思うのです。

 

 

一歩、はよ気づけよ。w

 

 

まあ、おそらくは長年のファンの方は同じことを予想していると思うんですけどね。

 

さて、どうなりますか・・・。

 

 

あと、今巻を読んで・・・というか、マガジンの連載の時点から気づいたことがもう一つ。

 

この漫画の時間は結構遅く進んでいて、連載開始からは30年以上経っていますが、物語上ではまだ数年しか進んでいないと思うのです。

 

しかし・・・

 

青木がスマホらしき物を持っている。

今回の鷹村の試合入場にモチーフになっているのは「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」に登場したMSのクシャトリア。

 

この二つはこの作品の世界で出てくるのはまだ先の話だと思うのですが・・・

 

せめてクシャトリアはクイン・マンサにするべきだったのでは?w

 

あ、そんな問題じゃないか。w

 

いずれにしても次巻も楽しみです。

 

ではでは。(‘ω’)ノ
スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村