スポンサーリンク

この物語は「40代で未婚の男性が4年後に結婚する確率は3%(所説アリ)」というこの絶望的な数字を打破するべく、「ウルトラマンジード」の星雲荘の仲間たちのように、運命をひっくり返そうと抗い続ける、冴えない40代男の物語

 

・・・なーんて書いてますけど、要は結婚し損ねているオッサンがバタバタしている話です。(笑)

 

前回をご覧になる方は➡コチラ。

アラ?これはどんなお話なのかしら?って方は➡コチラ。

 

 

・・・って、前置きから始まるこの連載ですが、ここからしばらくはもう一つ足します。

 

今回から数回のエピソードですが、私の他にも実際に近しい友人等が多数登場します。

実際にここに書くのは「私の視点からの立場、考え方、見たことや感じたこと」を踏まえて顛末を記載していくわけですが、それは実際同じ場所にいた友人達が「見たことや感じたこと」と差異が生じている可能性があります。

前回もそうでしたが、これから数回に分けて書く内容は(とはいっても今回はちょっとだけですが)「友人が異性を紹介してくれて、尚且つその友人も同席するエピソード」という、書き方によっては友人関係に変化が生じるかなりデリケートな内容となります。

なので、あくまでここに記載することは「私の視点からの立場、考え方、見たことや感じたこと」ですので、ご理解いただきたくお願いいたします。
m(__)m

 

 

・・・ってなワケで、Cさんを迎えてのオラが町の砂浜でのチェアリングが終え、連絡先も交換したものの、結局Cさんからの連絡が来なくなってしまったヘル兄。

 

チェアリングの場でも私の体たらくでいろいろと話すことは出来なかったし、そんなで連絡先を交換してLINEをやるとしても迷惑な部分はあるかもしれないなー。

 

トラッキー夫妻には大変申し訳ないが、今回も結果が出せなかったか・・・

 

なんて思っていたら、婚活アプリからiPhoneに知らせが入る。

 

 

「○○さんから「いいね」がありました!」ってのが複数入って来た。

 

 

 

・・・って感じなのだが、最近は喜べないことが殆ど。

 

婚活アプリの詐欺目的ユーザーについてはこのサイトでもさんざん書いてきたとは思うのですが・・・

 

 

最近は特にひどいです。w

 

 

コレは全体的に言える事かどうかわからないんですが、私の場合アプリを使用してログインした直後に3~4件くらい連続で「いいね」が来る感じなのです。

 

そして「いいね」を返してマッチングすると、相手から比較的早めにメッセージが来て、何度かのやり取りのうちにLINE等のコミュニケーションツールに移るように誘導し、そこで何らかの投資の話や商売の話をするパターンが殆どです。

しかし、ご存じの方も多いとは思いますが、基本的に男性側は「有料会員にならないとまともにメッセージのやり取りが出来ないシステム」になっているので、詐欺ユーザーと知らずにメッセージを送ろうと有料会員になってしまうと、その有料期間中を棒に振ってしまうパターンが多かったりするのです。

人によっては「詐欺ユーザーに引っ掛かって有料登録したので、お金を返金できるのでは?」という疑問を持たれる方もいるかもわかりませんが、例え詐欺ユーザーに引っ掛かっても、その有料期間中は他女性ユーザーと「マッチングしさえすれば」やり取りが出来るので、運営側には落ち度がないワケです。

最近はプロフィールやつぶやき等にLINE等のIDをチェックに引っ掛かりにくいように記入するような詐欺ユーザーもいて、ここ最近までそれらの行為も結構野放しになってましたが、やっと運営側もそのあたりの規制に乗り出しました。

 

コレは私見ですけど、この対応の遅さゆえに「詐欺ユーザーは有料会員を増やすための運営の回し者なのではないか?」と言われても仕方がないのかなー?なんて思ったりもするのです。

まあ、そんなことはないとは思うんですけどね。w

 

 

おっと、マッチングアプリの考察は置いといて、私の話をしましょう。w

 

今回は4件ほど「いいね」が来る。

 

 

その面々のプロフ写真はというと・・・

美人だらけやん。w

 

・・・とはいっても、この3人についてわかりやすかったからか、すぐに強制退会になりましたが・・・

 

プロフ写真は撮り忘れましたが、あと一人の後ろ姿のプロフ写真のニックネーム「M」というユーザーがいて、なかなか退会にならない。

でも、やり取りして、日本語の文面がちょっと「?」なので、詐欺ユーザーなのはほぼ間違いない。

 

ブログには書き忘れたけれど、先月普通にマッチングして、有料会員になったもののすぐに音信不通になったのですが(私見ではこれもアヤシイ気がするんですけどね。w)有料会員期間が続いていたので、ちょっとやり取りに付き合うことにしました。

 

そして例のごとく、LINEでやり取りをしようと提案があって・・・

なんてからかっていくと、最後に・・・

 

気分悪っ。(; ・`д・´)

 

メンタル弱い人は凹むぞ。w

 

・・・ってか「強制退会」ではなく「退会」か?私に見切りをつけたということか。

 

しかしこの捨て台詞、なかなかうまく誘導出来なかったからか、イライラしてたのでしょうね。w

ホントこんな事を書くのもあれですが、こんな捨て台詞を吐くような奴は人をだますような詐欺にはなれんよ。w

 

 

人をだましたくば、もう少し修行を積んで出直して来なさい!!w

 

 

・・・しかしここ数年、私の婚活アプリはこんなのばかり。

まあ、そうでない方もいらっしゃるんだろうとは思いますが。

 

よく考えてみると、私の友人たちも実際に知り合ってパートナーになったのは、マッチングアプリとかではなくて「最初から実際に会ってから発展した。」って人ばかり。

 

コロナ禍だから、このようなツールに頼らざるを得ない部分はあるのだけれど、もう少し現実的な活動をした方がいいのかもしれない・・・

 

 

なんて思っていたら、トラッキーから連絡が入る。

 

それはCさんについてのことだったのでした。

 

つづく。
スポンサーリンク
<

にほんブログ村

婚活ランキング