スポンサーリンク

こんばんは。
今週からまた冬の寒さが厳しくなるとのことで、また風邪を引かないように気を付けたいと思っている、ヘル兄ライガーです。

先週の話になりますが、長崎県が運営している長崎県婚活サポートセンターの「お見合いシステム」のデータ閲覧に行き、お引き合わせの依頼をしてきました。

あれから一週間。

今回3名の女性へお引き合わせをお願いいたしましたがその結果は・・・
本日・・・・・・

 

お引き合わせが成立しませんでした。

との連絡が入りました。
(´;ω;`)ウゥゥ

3名ともダメだったようです。
(+_+)

とても残念ですが、仕方ないです。

何がいけなかったのか?なんてのは色々調べてもわかるものでもないですが、少し考えてみる。

単純にもし、自分にお引き合わせの話が自分に舞い込んできたら「自分はどんな基準でその方と会おう」と考えるのだろうかな~と?

生身の本人ではなく、プロフィールと写真だけの情報で「まず会ってみる。」を判断しなければならないのです。
しかも会うにはお金がかかります。

居住地、仕事、趣味、年収、趣味、容姿。

センターの端末で知りうる情報はざっとこれくらい。

例えると、一昔前のドラマなんかで主人公の両親が「縁談の話があるんだけど、どうだい?」と写真を見せて、それに対し主人公が「う~ん・・・。」なんて言いながら眉間にしわを寄せながら写真をみるシーンがよくありました。

つまり、これに似たようなことがネットを介して行われているわけです。

そんな中、やはり一番最初に「あー・・・、こんな人かぁ・・・。」と思ったり「会って見よう」と思ったりする重要な情報は多分・・・

写真の印象

だと思うのです。

これは単純に私が「面食いなのでは?」なんて話ではなく、婚活なんかのお見合いの業者等を利用している方には、かなりの方が当てはまるのだと私は思っています。

ただでさえ少ない情報なので、写真の情報ってのはとても重要だと思います。

私は正直、お見合いシステムの仮登録をする際に、写真はセンター窓口で写真を撮って済ませました。
これって今思うと・・・

ちょっと心構えが甘かったなと思っています。

スナップ写真に私単独の写真がなかったからとはいえ「選ばれよう」という気持ちが少なかったように思います。

ですので、お見合いシステム等を利用している皆様。

プロフの写真には、かなり気を遣った方がいいのかもしれません。

仕事、年収も重要かもしれませんが・・・

恐らく序盤で一番大事なのは写真です。

なので、今、フルマラソンに向けて身体も調整中なので、その効果が外見に見えてきたら、プロフの写真の差し替えの相談をしようかと思っています。

っても、元がかなりダメなので、あまり効果はないかもしれませんけどね。(笑)
(*_*;

しかし、まだ下は向いてられないのですよ。

また来週、閲覧に行きます。

そんときはまたレポしますね。

ではでは。(‘ω’)ノ


にほんブログ村 スポンサーリンク