スポンサーリンク
ROUND2の続きです。
前の話をお読みになる方はコチラ。

一緒に走る仲間と合流したヘルR。

今回は今まで一緒に走って来た仲間の他に、今回初めてお会いする方々も共に走ります。

競技別にメンバー紹介すると・・・

●ハーフマラソン
私ことヘル兄Rと、私より一つ年下の女性のミッチーさん。

このミッチーさん、同じ地元の人ながら、私全然面識がないのです。(笑)
これを機に覚えておかねば。

●フルマラソン
わがチームのエースであるヨッシーと、私たちより年上の先輩であり、地元のタイガース応援団の「猛虎会」所属の方で、ここでは「猛虎さん」と仮称しましょう。
そして、我々より年代は上の年代ながら、見るからに体形が走るのが早そうにしか見えない、ミッチーから「師匠」と呼ばれる女性。(笑)

今回はこの5名で大会に参戦します。
(^-^)

・・・とはいっても「誰?」って感じでしょうけど。(笑)

ハーフ、フル共にスタートは同じ時間なので、急いで準備する。

気温がまだ低めで、ちょっとだけ雨がパラついていたので、保温の効果があるワセリンを露出する部分に塗っておく。

っていっても・・・

こんな格好だから手ぐらいしか塗れない。(笑)
(写真はこの間の伊万里ハーフマラソンのゴール写真)

そして、この格好になった時に・・・

「えー!?それで走るんですか!!?」
(゚д゚)!

とミッチーと師匠が言う。

ヨッシー、私の事をあまり詳しく話していなかったようだ。(笑)

スタート15分前となり、スタートエリアに向かう。

私とミッチーはスタートエリア最後尾へ向かう。

「コスプレランナーはなるべく最後尾から走ろう。」は、わが師ボバさんの教えであります。(笑)

スタート前の様子。

天気は曇りだけれど、雨は大丈夫なかもしれない。

そんなこんなでスタートの号砲がなる。

この大会はスタートと共に、天草太鼓でしょうか、リズム感がいい太鼓の音色が奏でられ、そのリズムがスタート直後の気分を上げさせてくれます。

私、この演出が大好きです。(^-^)

しばらくは本渡の市街地を走る。

スタート直後に、元気のいい若者のグループと記念写真を撮る。
お陰でテンションもあがる。

あー、今思えば私のカメラでも撮ればよかったなー。
多分一番楽しそうな写真だったかも。
(ノД`)・゜・。

市街地を抜けるとしばらく海岸線を通るルート。

前回の大会でも書いてますが、この先の坂道が復路で牙をむくのです。

5km地点を通過。

この前に走った伊万里時に比べると、マスクがあまり苦しくない。

慣れて来たのかな?

途中、地元ひょっとこ踊りの応援が。(^-^)

こういう微笑ましい応援があるのも、この大会の魅力のひとつ。
(*”▽”)

ミッチーも順調に走っている。

このまま、順調にいけるかな?
(;’∀’)
つづく。
つづきを読まれる方はコチラ。

にほんブログ村 スポンサーリンク