スポンサーリンク

こんばんは、ヘル兄Rです。

今回から数回に渡り、「さが桜マラソン2018」の参戦レポを書いていきます。

例の如く、稚拙な文章&マスクの視認性の悪さからのセンスない写真でお送りします。(笑)

しばらくの間お付き合い下さいな。
m(__)m

時は2018年3月18日(日)

・・・から遡る事、三日前の3月15日のこと・・・。

 

グルオォォォォ・・・

ゴゴゴゴゴォォォォ・・・

「外、雷ですか?」
(?_?)

一緒に夜勤をやっている、職場の同僚が私に話しかける。

確かに外は大雨なんだけど、雷は鳴ってない。

「この音?私のお腹の音なんだよ、なんか調子が悪くってねー。」
(;’∀’)

「ヤバくないですか?(笑)」と爆笑する同僚。(笑)

しかし、こんな会話をして、夜勤をこなしてはいたものの、実はこの時、身体は相当ヤバかった。

勤務が始まった頃から、身体中の痛み、そして相当痛いお腹、なんとなく悪寒もする。
(>_<)

この怪獣の咆哮のような、腹部から出る音は伊達ではない。(笑)

しかも夜勤は既に始まっている、ここで早退は出来ない。

いざ熱を測ると37.8℃

偶然にもカバンの中にあった解熱鎮痛剤を服薬し、痛みはなんとかしのげて夜勤を乗り切る。

 

家にたどり着いたら、あまりの疲労にバタンキュー。

(都合によりケンシロウさんで再現。(笑))

 

気が付くと、時刻は14:00を過ぎていた。

熱は下がっていたが、全身に痛みがあり、特に腹部の痛みがキツイ。
(>_<)

かかりつけの病院に向かう。

私から症状を聞いた先生は私に質問する。

「なんか変な物食べなかった?」

変な物・・・?

 

・・・そーいえば思い起こすと、二日前のジョギング中に・・・

「何か」が口の中に入り、それを吐き出せず、飲み込んでしまった事を思い出す。

しかも感触的には・・・

小さい昆虫。(;’∀’)

もしや・・・

お前なのか・・・?

自分の命と引き換えに、私の胃の中に小さい荒ぶるケモノを送り込んだのは。

仕事を休めない状況と3/18の事を話し、現在もまともに動ける状態ではなかったので・・・

「先生!僕を動けるようにして下さい!!」by幕ノ内一歩

(⇧はじめの一歩では「先生」は「会長」)

みたいな感じで、一番早く回復する方法をお願いする。

「じゃあ、点滴だねー。」

と1時間30分程、点滴を受ける。

良かったー、背中への張り手じゃなくて。(笑)

点滴を終え、帰る際に先生から・・・

「一応言っておくが、マラソン、ダメだからね。」

・・・と忠告を受ける。
(;’∀’)

家に戻り、横になって休む。

点滴をしてかなり回復したものの、お腹の痛みだけはまだ治まらない、それどころか身体中の痛みがなくなった分だけ逆にキツくなった。

ホントに何なんだ?この痛みの原因になったものは?

と思いながらも、何とか明後日の「さが桜マラソン2018」の準備をしながら、翌日の出勤に備えていく。

 

こうして、ヘル兄Rは進み始めたのでした・・・

「あの」への道を・・・。

(⇧鉄のオルフェンズ#42「落とし前」のED直前風に(笑))

つづく。
つづきを読まれる方はコチラ。
<

にほんブログ村

スポンサーリンク