スポンサーリンク

こんばんは

昨晩9km走って来てヘロヘロのヘル兄Rです。

第5回スポニチ・バラとワインマラソンinハウステンボス 兼 全日本仮装マラソン選手権(大会名長ッ!!)まであと一週間。

少しでもパフォーマンスが上がるように調整しなければですね。

 

本題に入ります。

 

タイトルにも記していますが、今回はコチラを読みました。

「風都探偵」2巻です。

本来ならばこの2巻は1巻と同時発売で、私も何とか同時に購入出来ましたが、いろいろしていたらなかなか読めませんでした。(;’∀’)

今回は「最悪のm」編と「cは何処に」編が収録されています。

 

 

「最悪のm」編は・・・

鳴海探偵事務所に風都にあるゲーム会社から「モンラド」の愛称で大人気ゲームのイメージキャラクター「風祭メグ」を護衛をしてほしいとの依頼が入る。

このゲーム会社には「近日中に行われるイベントで風祭メグを殺す。」という殺人予告が届いていた。

仕事を引き受けた翔太郎と亜樹子だが、風祭メグには色んな秘密があるのでした・・・

 

といった内容。

この回は・・・

フィリップときめの距離が縮まるエピソード

と言っていいでしょう。
(^-^)

実は意外と似ている部分があるこの二人、結構このエピソードでは衝突を繰り返すのですが、どのよう形で距離が縮まるのか?

そして二人が衝突する原因とは?

結構、見ものですよ。
(*^_^*)

そしてこのエピソードから登場する言葉「ハイドープ」とは?

しかしねぇ・・・

あの形態が登場するのはちょっと早いんじゃないかな~?

 

「cは何処に」編は・・・

「猫捜しが得意な探偵がいる。」と有名な鳴海探偵事務所。ww

そんな事務所に「亡くなった父の猫を探して欲しい」と依頼が入る。

その猫の名前は「チャオ」

「猫捜しなら楽勝!」と仕事にとりかかる翔太郎と亜樹子だが、探せども「猫」は一向に見つからない。

果たして「猫」はどこに消えたのか?

 

というお話です。

ちょっと心温まる感じのエピソードですね。
(*^▽^*)

所長・亜樹子がなかなかいい役回りやってます。ww

それについても是非手に取ってお読みいただきたいですね。

ではでは。(‘ω’)ノ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 スポンサーリンク