スポンサーリンク

 

こんばんは、ヘル兄Rです。

 

日々の暮らしの合間の少ない時間を使って、趣味のプラモを作っていくのを単純に記録していくだけの、まさに下手の横好きのこのコーナー、今回も参ります。w

 

そういえば、このサイトの管理人である私の割には、最近プラモデルの制作が良く進んでいます。w

(⇧自分で言うなって話ですが。)

 

しかし、いざ塗装をしようとすると、久々の制作だったからか、塗料の在庫状況などを忘れてしまい、次のステップに進めず足踏み状態の状態が続いていおります。
(;’∀’)

 

そんな中、個人的に楽しみにしていた「あるキット」が届きまして、それがまた汚しがいがあるキットなので、色々と施したいと思っています。

 

ただ、個人的にまだやってない「汚し塗装」の手法があって、それをまだそのキットにぶっつけ本番で施すにはちょっと怖い。

 

 

何かで練習できないかな・・・?

 

 

あ、そういえば一つあった!
Σ(´∀`;)

 

 

・・・と言うわけで、タイトルにも記していますが、今回はコチラを作っていきたいと思います。

 

 

 

HGAC OZ-06MS リーオーです。

 

 

このキットは結構前に買っていたのですが、なかなか作れずに積んでおりました。
(;´∀`)

 

量産機で汚し等を施しやすいってのもあるのですが、このキットは「GUNPLA EVOLUTOIN PROJECT」のキットなので・・・

 

 

とても組みやすい。w

 

 

・・・ってのがありまして、これを今回作っていきたいと思います。

 

 

え?ココで未完成のキットたちは?って?
(;゚Д゚)

 

 

・・・・トップコート待ちなので、ご勘弁を。
m(__)m

 

 

未完成キットも随時更新していきます。
(;´∀`)

 

 

・・・と言うわけでまず、箱から見ていきます。

いった何機いるんだってくらい、わらわらと描いてあります。w

この機体は「新機動戦記ガンダムW」に登場した、量産型MSで物語に登場する陣営問わず活躍しておりました。

頭部の顔の殆どが正方形のデカいメインカメラというのが特徴でとても描きやすいデザインかも。w

(いやコレの場合、顔=メインカメラかも?)

 

 

箱の横側です。

キットの説明が記載されています。

しかし箱が薄っ!!
(@ ̄□ ̄@;)!!

 

実際、箱を積んでいたら他のキットに押しつぶされそうでした。w

 

こっちにはリーオーの機体解説がちょっとだけ記載されています。

 

箱側面をもう一つ。

ちなみにHGACは「ハイグレード アフターコロニー」という意味で「HG」はガンプラのキットのグレードの名称で「アフターコロニー」は「新機動戦記ガンダムW」の世界の「年号」です。

 

 

では中身を見ていきます。

ランナーです。

ランナー、少なッッ!!
(;゚Д゚)

 

 

これはホントに組みやすそうだ。

 

 

裏側も見てみます。

 

うーん・・・なんかもの足りないような・・・?
(。´・ω・)?

 

 

あ!!
(;゚Д゚)

 

 

 

珍しくこのキットはシールがない。

つまり、色分けが完璧ってことですね。

 

説明書の表紙です。

 

機体の詳しい説明も記載されています。

しかし、こうして見ると・・・

 

リーオーって、デザインとしてはなかなか秀逸なのではないでしょか?

ホント、いかにも「量産型」って雰囲気が漂ってますし、塗装を変えれば作業用MSの雰囲気も出るみたいです。(黄色&黒の工事中パターンが似合いそう。w)

 

これからすれば、ザクすらカスタムMSに見えますね。w

 

・・・と言うわけで、コチラも今後ランダムになるとは思いますが、作業状況を掲載していきたい思います。

 

つづく。

 

スポンサーリンク
<

にほんブログ村

模型・プラモデルランキング