スポンサーリンク
こんばんは、ヘル兄Rです。

 

いつも書いてますけど、ホント暑い日が続きますねー。
ι(´Д`υ)アツィー

 

東京オリンピックも無事(とは言えないかもしれないですが。w)終了しましたね。

今の状況ではパラリンピックはどうなるかわかりませんが・・・状況を正確にを判断して決断して頂きたいと思っています。

 

・・・っと、皆さん、ホント熱中症や新型コロナにはお気を付け下さい。

 

 

 

本題に入ります。

 

 

今回はタイトルにも記していますが・・・

 

 

ガシャポン「いきもの大図鑑 KAMAKIRI」をご紹介します。

 

 

このサイトではかなり初回頻度が多めのこの「いきもの大図鑑」w

さっそく今回もレビューしていきたいと思います。

 

まずガシャポンを回したら、この様な状態で出てきます。

 

ビニールを剥ぎます。

いつもの台座を兼ねたカバーに中身を囲んだ形になります。

 

中身を見ていきます。

 

こんな感じで各部品ごとにビニール袋の中に分けられています。

 

説明書です。

今回、私がゲットしたのは「③おおかまきり(褐色型)腹部通常版」と思われます。

裏はお馴染みの昆虫新聞。w

今回は特に「鎌の刺」の部位について超詳しく書いてあります。

 

 

部品を見ていきます。

頭部ですが、触覚の部分が台紙でカバーされています。

折れないように注意しないと。
(;’∀’)

 

鎌の部分です。

各部が稼働します。

 

頭部などの身体の部分です。

ボールジョイントで連結させて組み立てます。

腹部も各箇所が可動します。

造形がなかなかリアルかも?

 

脚部です。

コチラも各関節が可動します。

 

翅の部分です。

後翅がリアルだ。w

 

スタンドの部品です。

コネクトパーツ以外は、従来の物と同じ仕様です。

 

 

組んでみました。

前方から。

リアルでカッコいいですね!

 

後からです。

腹部がリアルだ・・・。

 

真正面からです。

頭部の複眼キレイで良く出来てます。

 

 

真後ろからです。

なんとなく前翅のおさまりが悪い。w

 

裏側を見てみます。

結構リアルですが・・・なんか死んでるように見える。w

 

スタンドに載せてみます。

そういえば、かまきりってどんな体制で飛んでいるんだっけ?

 

 

同じようなタイプのスズメバチと絡ませてみます。

どっちも強そうです。w

 

 

S.H.フィギュアーツと並べてみます。

某格闘漫画みたいにするには、ちょっとフィギュアーツが大きいかも?

 

 

・・・と言うわけで、ガシャポン「いきもの大図鑑 KAMAKIRI」レビューをお送りしました。

相変わらず、このシリーズは造形がリアルでカッコいいです。

大きさも丁度良くて、虫の図鑑にふさわしいアイテムです。

 

・・・ですが、今回のカマキリなんですが、個体差かもわかりませんが・・・

 

私のウチのカマキリ君は関節や胴体の連結部分がユルユルで、殆どの部品がポロリしてしまうのです。(>_<)

 

触るだけで外れる部分が多くて正直、遊ぶとかなりストレスでした。
(;’∀’)

 

なので、ポージングも同じような物が多くなってしましました。

そこは私の功夫が足りないのかなと。w

 

ちょっとボールジョイントを補強しないとですね。
(ーー;)

 

最後にカマキリさんから一言。

夏です、ガチャコーナー、ホビーショップ、リサイクルショップ等で昆虫採集なんていかがでしょう?

 

ではでは。(‘ω’)ノ

 

スポンサーリンク
<

にほんブログ村

模型・プラモデルランキング