スポンサーリンク
ROUNDの11つづきです。
前回を読まれる方は⇨コチラ
今回の大会レポについての方針は⇨コチラ

熱中症と脱水症状のような症状がいくらか回復に向かう中、どうにかして前に進もうと歩き続けるヘル兄。

 

ちょっと写真が遠めですが、ここでも市民の方の私設エイドがありました。

日差しも強くて暑い中なのにホントに確かります。

ここでも栄養をありがたく頂きました。

 

もうこのあたりになると、私の周りでは走っているランナーの方は殆どいない感じでした。

ふと「みんなどんな気持ちで歩いているのだろうか?」なんて思ったりもするのでした。

 

写真でもわかると思うのですが、このあたりもひたすら上り坂です。

いくらか体調も回復してきたからなのか、このあたりの私は少し色んな事を考えたり、思ったりする余裕が出て来ていたのでした。

 

そんな中、このひたすら続く上り坂を歩きながら思ったのは・・・

 

 

私の今の走力では、このレースの攻略は出来ない・・・!!
(>_<)

 

 

それを思い知らされた感じでした。

 

 

そして「仮装での挑戦はこの大会では厳しいのではないか?」とさえ思っていたのでした。

 

そんな中、このあたりだったかな?

そんな中、コースの真ん中で膝に手を付いて、きつそうな男性ランナーを見かけ「大丈夫ですか?」と声を掛けると・・・

 

 

その人は走って逃げてしまった。w
(;’∀’)

 

 

まあ・・・

こんな姿だから仕方ないのかな・・・。
(;’∀’)

 

19km地点に到着。

このあたりになると例え歩きで、完走も厳しいのに進むのを止めないのは・・・

 

 

もう意地だけです。w

 

 

ホント何度も書きますけど、まだまだ上り坂が続きます。

私は過去に「上り座が一番きつい九州・沖縄のマラソン大会は「ながさきベイサイドマラソン」と記したことがありますが、この日・・・

 

 

私の中ではNAHAマラソンに更新されました。w
(;’∀’)

 

 

・・・でも「きつさの質」が違うかもしれない・・・?

 

 

状況はツライですが、青空はきれいです。

このあたりになると建物が少なくなり、開けたような風景になってきました。

 

しばらく歩いていると上の写真の先あたりで、ついに最後尾車両に追い抜かれました。
(下の写真は2019年のものです。)

歩道に上がるように指示があり、ここからは歩道を歩いていきます。

 

少し前から気になっていたのだけれど、救急車のサイレンが何度も聞こえる。

この暑さです、体調が悪くなっているランナー方が沢山いても不思議ではありません。

もしそうなら「大事に至らないように」と思いながら歩いておりました。

 

さらにしばらく歩いていると、後ろから歩いて来た男性ランナーから声を掛けられる。

追い抜かれざまだったけれど・・・

歩いている私の背中が相当元気がなく見えたのだろうか?思いもよらぬ激励をもらう。

 

「ありがとうございます。」と言葉を返す私でしたが、うれしくてちょっと涙目になる。w
(´;ω;`)

 

 

 

このあたりでやっと上り坂の連続が終わった様子です。

この交差点を越えたあたりから徐々に下り坂になっていきます。

 

20km地点に到着。

ここで記念写真を撮っているランナーの方が結構いらっしゃいました。

よく見るとテント内も撤収を始めています。

 

最後尾車両にも抜かれたし、ここまでだな・・・

 

今回の私の「競技としてのNAHAマラソン」は、ここで終わりを告げるのでした。

 

つづく。
つづきを読まれる方は➡コチラ
スポンサーリンク
<

にほんブログ村