スポンサーリンク
ROUND1の続きです。
前回を読まれる方は➡コチラ。
このサイトでの大会レポの方針・概要については➡コチラ
大会に関した記事だけを読まれたい方は➡コチラ

 

ついに大会前日の日がやって来た。

この日は職場から伊万里へ向かうことにしていました。

本職の職場は家より佐賀に近く、尚且つ往路の行程を1時間程短縮できるため、この方法を選択。

出発する際の職場周辺は曇り。

天気予報ではところによって雨との予報が出ている。

視界が悪くならないうちにと、早速車を走らせる。

 

思ったより道は込んでなくて、当初の予定よりは伊万里に早く到着するも、Miyaki printさん(以下ミヤキさん)との食事会の時間には間に合わない時間帯だった。

まずはホテルにチェックインします。

今回利用したホテルは「グランドホテル伊万里」

(※写真は拾い物です。)

近くに結婚式場もあって、婚礼もやっている様子。

今回このホテルなんですが・・・

 

実は間違って予約したのです。w

 

実はいつも予約している「セントラルホテル伊万里」と思い切り間違って予約したのです。

伊万里ハーフマラソン(以下伊万里HM)の大会会場からは直線距離では近いのだけれど、行程的には回り道をしなければならず、ちょっとセントラルホテル伊万里と比べると遠かったりするのです。

 

そんなグランドホテル伊万里の2号館?に今回の私の部屋があります。

途中待合スペースのような空間が。

2号館への通路の途中で、宴会場らしきものがあったので、その待合室的な感じでしょうか?

 

この空間にはキッズスペースもあります。(写真奥)

結婚披露宴とかがあった際にはここも賑わうのでしょうね。

 

部屋に着きました。

一人部屋のこじんまりとした広さですが、一人ならば全然問題ないです。

一つだけ欠点を書くと・・・便座が冷たいことでしょうか。w

 

 

・・・っと、時間が過ぎてる!急いで食事会会場に行かねば!!

 

再び車を走らせます。

 

伊万里駅周辺に着くとイルミネーションが街中を煌びやかに飾っています。

(※いずれの写真も停車中に撮影しています。)

なんとなく数年前よりイルミの数が増えている気がするのは私だけでしょうか?

だいぶ煌びやかになってると思います。

 

 

そして15分程遅れて食事会会場に到着。

今回のお店は「焼肉亭ハピネス村」

今回の面々は私以外は「宮木プリント」さんの職場仲間で、ミヤキさんが言うには「3姉妹」w

(※上の写真ですが、女性陣が一人だけ違うのは手持ちの女性型フィギュアが少ないからです。念のため。)

宮木プリントさんはこの伊万里HMで参加賞Tシャツや完走タオルのデザインを担当されていて、大会当日は大会オフィシャルグッズの販売もされるとのことで、大会前日には知り合いでもあるこのお店で、毎回前夜祭的な飲み会をやられているのだとか。

 

食べるのも焼肉だし、お酒を飲みたいのはやまやまだったのですが「今回は禁酒」と伝えると・・・

 

「えー?飲まんとですか?」

 

・・・と言われる。

 

個人的にはこの日の約1か月前に参戦した「NAHAマラソン」では前日にお酒を飲んだりしていたので、気のゆるみ的な部分も完走出来なかった原因になっていたのでは?と思っていて、今回はお誘いがある前から「前の日は飲まない」と決めていたのでした。

 

しかしこのお店、伊万里牛でしょうか?焼き肉がメッチャ美味しいんです。

 

食べることと会話に集中しすぎて、写真を撮るのを忘れてしまいました。
(;・∀・)

 

このテールラーメン(だったかな?)も美味しかった。

食べかけの写真でスイマセン、ミヤキさんからも「なんでこのタイミングで撮ると?」とツッコまれる。w

写真を撮り忘れたので、ちょっとでも撮り高を上げようとしたが故なのです。w

 

料理も美味しかったですが、伊万里HMに関する色んな話が聞けてとても面白かったです。

特にクリアファイル裏面のマンガに関する話や、佐賀アリーナの話とかも「えー?そうなんですか!?」的な感じで面白かったですね。w

(佐賀アリーナの情報については、今結構色々と言われてるみたいですね。)

 

楽しい時間は過ぎるのが早いもので、食事会も終了となりミヤキさんたちが買い物をされた後、車で宿泊先まで送りました。

 

 

「明日は頑張ってくださいね!!」

 

と激励を貰う。

 

宮木三姉妹(ホントの三姉妹ではありませんがw)の皆さん、本当にありがとうございました。
m(__)m

 

 

しかし、ホントがんばらなきゃならん。

 

 

もう声援に応えられずにリタイアするのはイヤなのです。

 

 

そう思いながら、ホテルに戻り早々に眠りについたヘル兄だったのでした。

 

つづく。
つづきを読まれる方は➡コチラ

 

スポンサーリンク
<

にほんブログ村