スポンサーリンク

こんばんは、ヘル兄ライガーです。

この数日はなんといいますが、菜種梅雨なんでしょうねー。
すっきりしない天気が続きます。

私が住んでいる地域でも桜が満開となりましたが、この雨で散らなければいいんですが・・・。

 

本題に入ります。

先日、婚活アプリ「pairs」から「いいね」が来ていいねを返しましたとお話をしました。

そしたら・・・

メッセージが来ました。
(^-^)

ここはすぐに返信しました。
ちなみに婚活アプリ「pairs」では、男性の場合メッセージを無料で送れるのは1通のみで、その後は有料となり、プランによって月毎の金額が変わります。
ここではリスク回避のため、少々お高いですが1カ月プランを選択。

けっこう時間がかかりましたが、返信が来て「真剣な気持ちでpairsを利用しているのか?」といった内容のメッセージが来る。

ちょっとメッセージの文章が長いのが気になるが、「真剣ですよ」的な事を書いて返信する。

すると翌日、相手から返信が来て、「pairsのメッセージではなく、他の連絡手段を使いたい」といった内容の連絡が来ました。

コチラが送ってから返事が来るまでの時間がちょっと不自然な程長く、少し疑問に思った私は「連絡方法は任せます」と返信しました。

すると結構な時間が経過してから、「メールで連絡したい。」的な連絡が来て、この時点で結構疑いの目で見ていた私は、試しに一番実害が少ないメアドのメールを記入して返信しました。

 

そして数時間後pairsのアプリから確認すると・・・

アラ?退会している。
( ゚Д゚)

いや、させられたのかな?

いったい何だったのでしょうね?

メアドの情報がある程度集まったから退会したのか?

特定の人物からある程度の情報を引き出したから退会したのか?

それとも誰かが被害を被りそうになって通報したのか?

どういったことがあったのかはよくわかりませんが、Pairsだけではなく婚活アプリってのは、意外とこういったことは多いみたいです。

今回のような事になった場合、男性の場合はメッセージを確認するために「必ず何らかの形で会費を払わなければならない」ので、被害に遭った的な感覚が強くなるように感じるのではないでしょうか。

せめて3~5通くらいが無料でやり取り出来れば、その段階で相手が「本気の人なのか」を見極められると思うのですが・・・

どうにかなりませんかねー、婚活アプリの関係者の方。(笑)

 

でも、今まで婚活アプリについては、なんかマイナスな事しか書いてないですが、1~2年前位の話ですが、私は一回だけマッチング成立し、メッセージでコミュニケーションを続けたことがあります。

その時は私がそのやり取りの中で相手の方を怒らせてしまい、それで終わってしまったんですがね。
(*´Д`)

でも、やりかたによってはうまくいくはずです。

でもそれについては他のサイトをご覧ください。
(*´Д`)

そっちの方は私では力になれません。(笑)

世の中にはいろんな方がおります。

勉強になりますなー。

でも頑張らないとですね。
(^-^)

 

ではでは。(‘ω’)ノ


にほんブログ村 スポンサーリンク