スポンサーリンク

こんばんは、ヘル兄Rです。

今回はですね・・・

ホントに久々のプラモ作りネタです。(笑)

実は過去に制作記事を書いて、途中で止まっている案件がいくつかあって、その記事のアクセスが最近徐々に増えつつあるんですが・・・

今回はその記事の続きではありません。
(;’∀’)

「先に作りかけを仕上げたらどーよ?」

・・・みたいな声も出てくるとは思いますが、ちょっと諸事情ありまして、急遽突貫でこのキットを作る事になったので、早速制作しながら紹介していきたいと思います。

 

タイトルにもありますが、今回制作するのは・・・

HG-IBO 1/144 百錬(アミダ機)です。

箱はコチラ。

機体の色もいいですが、アミダ姉さんが目を引きますね。(笑)

しかし、久々にガンプラに手を付けるような気がします。

買ってばっかりで、なかなか作らなかったからねー。

 

早速、組んで見ました。

・胸部

ピンク色の部品がモナカ割りになっていて、肩部(っていうか、人間でいう鎖骨あたり?)の合わせ目がちょっと目立ちます。

一部シールで再現ですが、今回はまだ使用しません。

 

 

・頭部

正面から後頭部までの見事な縦割りのモナカパーツです。(笑)

目の部分はシールで再現ですが、釣り目状のモールドの中のカメラアイ(モノアイ?)は成型で再現されておらず、この目の部分の塗装はセンスが問われるかも?

 

・腕部、肩部

肩アーマー部以外は殆ど合わせ目が出ません。

上腕部やひじの部分等、色分けされていない部品が多く、塗部分塗装が必要です。

 

鉄血のガンダム系MSはガンダムフレームから作っていくのですが、この百錬はフレーム制作がないので、結構サクサク進みます。

しかし、私は昨晩夜勤でして、今日は殆ど寝てないので本日はここまでです。
m(__)m

ちょっと睡魔には勝てず・・・。
(ノД`)・゜・。

 

ではでは。(‘ω’)ノ

つづきを読まれる方はコチラ。
<

にほんブログ村

模型・プラモデルランキング
スポンサーリンク