スポンサーリンク

こんばんは、ヘル兄Rです。

私事ながら最近、欲しいものが多いです。

掌動ウルトラマンVS.6、MGガンダムF91Ver.2.0、真骨彫仮面ライダー新2号、スーパーミニプラゴーグ等・・・

物欲に限り無し。ww

 

本題に入ります。

 

そんな脳内で物欲渦巻く私ではありますが、今日これを読みました。

はじめの一歩121巻です。

っていうか、コンビニで偶然見つけて、発売されていることを知らなかった・・・。
(;’∀’)

 

今回は引退を決意した一歩のその後と、鴨川ジムの篠田さんが一歩へ木村の試合のセコンドを依頼し、それを引き受けるあたりまでが描かれています。

あと個人的には結構笑える「案内所」のエピソードもww

そして、前回の120巻を読んだ記事で(前回の記事はコチラ)一歩の試合後に必ず表記される「一歩の試合後の成績表記」みたいなやつが今回ない。

と書いていましたが・・・

 

今回の収録分にありました。
(;’∀’)

コレです。

この四角の中には「引退」と表記がなされていますが、実際はどうでしょうか?

 

 

読んでいくと、途中明らかに引退を心に決めた描写があったりしますが、どうなんでしょうね?

実は一歩の心中は「ほぼ決まってるような」雰囲気がある・・・と私は思っていますが。
(;´∀`)

なんとなく「自分に言い聞かせている。」感じですよね。

重りを付けたままのマンガのアシスタントの手伝い。

今も続けている重りを付けたジョギング。

セコンドの「ある練習」。

それぞれがなんとなく「新型」に繋がっているような気がしませんか?

しかし「壊れているかもしれない」という疑惑はまだ残っているので、セコンド篇を経てどのように今後の展開に続けているのか楽しみではあります。

ただ・・・

セコンド編からの展開っていつになるかなあ・・・。

なんて思っております。

今年中に動きあるよね?多分、ww

ってか、中学校のころから付き合ってる作品ですから、気長に待ちますよ。

それまでにパートナー探そう。ww
ではでは。(‘ω’)ノ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 スポンサーリンク