スポンサーリンク

 

ROUND10からの続きです。
前回の話を読まれる方は⇨コチラ
もしこの記事を最初から読んでみたい方と、今回のレースレポについての特記事項を確認したい方は⇨コチラ

 

第4収容関門を突破したヘル兄R。

 

関門を抜けると程なくエイドに到着。

 

ココには・・・

なんとひと口牧のうどんがある!!
(*´▽`*)

 

ここに至るまでに牧のうどんの看板も見てて「そういえば最近食べてないなー。」と思っていたので、個人的にはタイムリーなアイテム。

 

期待に違わず美味しい。

 

こんな時に炭水化物は助かります。

 

 

地元自治会の応援旗です。

こういった手作りの応援のメッセージも例え、声援でなくとも心に届き、前へ進む推進剤となります。

 

 

今津運動公園付近に到着。

ラムちゃんさんになかなか追いつけない。ww

 

 

地元の皆さんのダンスによる激励です。

ちょっと写真が遠かった。
(;’∀’)

 

 

再び両端に松林が茂るゾーンに入ります。

 

 

そしてこの辺りで、ラムちゃんさんに追いつく。

ゼッケンを見ると、名前がラムちゃんだ。ww

 

素敵な感じの方ですね。(*^▽^*)

 

タイガーマスクと一緒でしたが、トラ柄カップルさんでしょうか?

 

 

 

コレは地元JAさんが作った応援ブースと思うのだが・・・

なんかカオス・・・もとい、独特の雰囲気だ・・・。ww
(;’∀’)

 

 

再び右側に海が広がるコースへ。

 

 

しかしこの辺りから、ちょっとした走りが乱れる要因が出てくる。

 

 

それは・・・

 

 

歩いている人です。

 

 

まず最初に言っておきたいのは「歩くことが悪い」と言っているわけではないので、それを踏まえてこの後を読んで下さい。

 

 

この大会のコースはこの辺りからアップダウンが結構多くなってくるからか、極端にこの辺りから歩いている方が多いような気がします。

 

当然、友人知人等と参加している方もいると思うので、そのような方は横に並んでお互いを励ましあいながら歩きます。

 

もちろん私も誰かと話す時には横になって走ると思います。

 

 

これは多分おそらくなのですが・・・

 

道が狭くて、参加者数とのバランスが良くなく、走っている場所や到着タイムによっては、並んで歩かれると道が塞がってしまう状況が発生してしまう。
・・・という事なのではないでしょうか?

 

 

実際男性が3名並んで歩かれていると「どこから前に抜ければいいだろうか?」と思う事もしばしば。

 

 

これはこの主催者側に何らかの施策が必要な気がします。

 

 

そんなわたしなのですが、場合によってはなぜか前の人が道を開けてくれるのです。

 

なんでかというと・・・

この角が生えた影が見えてくると・・・

 

 

なんか来た!?(゚Д゚;)

 

 

・・・的な感じで道を開けてくれるのです。ww

 

 

道を開けてくれた方々、どうもすんませんなー。
m(__)m

 

 

エイドに到着。

 

 

 

ここではチロリアン、どら焼き(?)と飴が配られる。

チロリアンが久々に食べれたのでうれしい。

 

 

「がんばりんしゃい」の看板が嬉しい。(^-^)

この地元の方もずっと応援されているのでしょうから、頭が下がります。

 

 

 

「逃走中」のハンターを発見する。ww

流石のハンターもマラソンはキツいようです。ww

 

 

第6収容関門を突破。

このまま順調にいけるといいが・・・。
(;’∀’)

 

つづく。
つづきを読まれる方は⇨コチラ

 


にほんブログ村

 

スポンサーリンク