スポンサーリンク
ROUND3の続きです。
前回を読まれる方は⇨コチラ。
マラソン大会レポ記事作成についての方針と、「この記事はなんね?最初から読んで見よかね?」って方は⇨コチラ

 

海の中道海浜公園に着いたヘル兄R。

 

ウォーミングアップを兼ねて、歩きながらマラソン会場へと向かいます。

 

少し前方に大会に参加するランナーらしき方々がいるので、その方々についていく事にします。

 

「日本の名車歴史館」という名前の、ゴーカート施設がある。

ちょっと乗ってみたいかも。

 

大きい滑り台もあります。

 

芝生が気持ちよさそうです。

寝っ転がりたいですね。

 

 

会場付近に到着。

会場の周辺では、今大会のパンフが配られていました。

 

会場ではFM福岡のパーソナリティの皆さんが会場を盛り上げていました。

 

会場をしばらく進んでいくと、荷物預り受付が。

荷物預り代は500円。

ダンボールを有料で借りて預けるといったシステムで、まずは段ボールを確保する。

 

ダンボールを借りたら、男性更衣室に入り「変身」作業を行う。ww

 

仮装ランナーやってて一番気持ちの葛藤がある時、それは・・・

 

公衆の面前で衣装に着替える時である。ww

 

そして今回は単独の参戦。

 

葛藤もあるし、心細くもある。

 

でもね・・・

 

衣装を装着し終わると、そんなことはどうでもよくなります。ww

 

 

変身完了。ww

まずはこの格好でやることは・・・

 

 

荷物を預けに行く。ww

 

この格好のままダンボールを両手で携えて受付に行きます。

 

受付では荷物のコード情報が書かれた腕輪を装着される。

 

スタート時間が近づき、スタートエリアに向っていると・・・

「ヘル兄Rさんですよね?」

 

と呼び止められる。

 

そこには・・・

 

メーテル!?
(@ ̄□ ̄@;)!!

 

その方は、ゆーじさんという方で、仮装ランナーやられてて、私はTwitterで繋がっているのですが、この方は私と違って・・・

 

実力も伴っている方です。ww

 

やっとお会いできたので、記念写真をとります。

どーっすか?このメーテル、メッチャ素敵でしょ?

 

この姿を見て思わず・・・

 

「おキレイな方じゃないですか。」

 

と言った私。

 

口説いてるのか。ww

 

でも、ホントスラッとした方で、キレイに仮装されていました。
(*´▽`*)

 

その後スタート配置に付く。

スタートまでもう間もなく。

 

練習不足、原因不明の腰痛、そして二日酔い。ww

 

「さが桜マラソン2018」以来のバッドコンディションの中、スタートの号砲を待つのでした。

 

つづく。
つづきを読まれる方は⇨コチラ
<
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

マラソン・ジョギングランキング

 

スポンサーリンク