スポンサーリンク

 

こんばんはヘル兄Rです。

 

このタイトルの記事を久々に書く気がします。w
(;´∀`)

 

なんというか、やっとマラソンレポ以外の記事を書く余裕が出てきました。

 

最近はホントにマラソンの記事一色でしたから、それ以外の記事も随時やっていきたいと思っています。

 

 

そういえば最近は社会情勢がもう「新型ウイルス」一色って感じですね。

 

私が住んでいるエリアはまだ感染者の情報はありませんが、私の本職にも、このサイトにも、そして実家の仕事にも影響が出始めています。

 

世の中は自粛ムードでホント世の中も元気がなくなって来てますね。

 

「なるべく外に出ないように」なんて言われてますから、そうなると余暇時間がインドアに特化した分野が盛んになると思うので、そうなるとここへの訪問の増えてくる・・・・かな?

 

 

本題に入ります。

 

 

今回読んだのはコチラ。

はじめの一歩127巻です。

 

今巻は前半はメキシコの千堂の話のつづきです。

 

メキシコで千堂が「やらかした事」もさることながらですが、個人的に印象に残ったのはやはり・・・

 

 

リカルド・マルチネスですよね。

 

 

あんな表情もするんだなと。

 

 

アノ表情は・・・

 

 

○○の事を良く思っていない表情ですよね?

ちょっと嫉妬のような物を感じるというか・・・

 

 

現在の連載の状況を見ると・・・

 

近いうちになんかありそうですよね?

 

 

中盤は鴨川ジムに来た千堂と一歩の話と、一歩の同窓会の話。

 

引退してもなお威力を増している一歩のパンチ力に驚く千堂が印象的。

 

同窓会の話は、一歩に恋愛系のちょっとした浮いた話が出てくるのかと思いきや・・・

 

そんなことは描く暇ないですよね。w

 

 

後半は木村の減量の話です。

 

話的には古典的なボクシング漫画のノリ。w

 

ですが楽しく読めましたね。w

 

次巻も楽しみです。
(^-^)

 

 

しかし、今巻を読んで思ったことは・・・

 

 

一歩の復帰はまだまだ先だなー・・・と。

 

 

そんな感じなので、現在の私の婚活の目標は・・・

 

 

はじめの一歩の最終回の前に結婚する事です!!

 

なんだろう?この終わり方。w

 

ではでは。(‘ω’)ノ

 

スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村