スポンサーリンク

この物語は「40代で未婚の男性が4年後に結婚する確率は3%(所説アリ)」というこの絶望的な数字を打破するべく「ウルトラマンジード」の星雲荘の仲間たちのように、運命をひっくり返そうと抗い続ける、冴えない40代男の物語

 

・・・なーんて書いてますけど、要は結婚し損ねているオッサンがバタバタしている話です。(笑)

 

 

前回(FORTH SEASON)までのあらすじ

数年前に、あともう少しで結婚・・・というところ(と、私は思っているのだが、実際のところは定かではない。w)で、当時のパートナーと別れてしまった、ヘル兄R。

そこからいろんな形で婚活を行うこと数年、アラフォーからアラフィフへと年代が移っていく中、色々と頑張ってみるが、結果が出ない状況がつづく。

更に追い打ちをかけるように、2020年は新型コロナウイルスの感染拡大で婚活イベントや実際の友人の紹介などの機会も少なくなり、婚活する機会自体が激減。ヘル兄Rは窮地に立たされる。

そして2021年、コロナ禍も更に大きくなる中、ヘル兄はどう立ち回っていくのだろうか・・・?

 

 

2021年 新春

 

正月3日間は仕事で、1月4日にちょっと遅めの初詣を終えて、実家に帰宅。

 

引いたおみくじの結果が良く、結構いい事も書いてあったので、始まったばかりの2021年にほのかな期待を寄せながら、とりあえず婚活をちょっとづつ始める事にした。

まずは、日課になった感じの婚活アプリチェックをする。

そういえば、女性からの足跡が最近減って来たよなーと思う。

48歳という年齢では、この手のアプリはやはり厳しいものがあるのかもしれないなー。

この婚活アプリ続けるとしても、ちょっと色々と考えなければならないのかもしれない。

・・・なんて毎年言ってる気もするが。w
(^_^;)

 

そして久しぶりに「ながさきめぐりあい」の婚活イベントを覗いてみた。

 

最近は40代後半の男性が参加出来るイベントが少なくなったからなー、なんて思っていたら・・・

 

丁度いい事に休日に私の行けるイベントがあった!
(゚д゚)!

 

早速応募してみて、予約確定の連絡が入ってくる。

 

久しぶりのイベント、楽しみだなぁ・・・

 

 

しかし、しばらくするとちょっと暗雲が立ち込め始める。

 

昨年末からそうだったけれど、全国的に新型コロナ陽性者が増加し始め、各種メディアで長崎県も「陽性者数、過去最高」の単語が度々聞かれるようになってきた。

 

さらに長崎市長からは「非常事態行動」なる呼びかけも出て来た。

 

 

そして直接長崎県は対象になっていませんが、政府が一都三県に「緊急事態宣言」を再発例。

 

 

どう前向きに考えても、悪い予感しかしない。w
(;’∀’)

 

 

・・・そして、イベント中止の報が入る。
(´;ω;`)

もうコレしか言えない・・・感じですね。

 

でも、この状況では仕方ないかと思います、感染拡大防止には正しい判断です。

 

月末頃にはイベントを再開するそうですが、この状況ではどうなるでしょうか?

 

「今の状況」では難しいかもしれませんね。

 

これは、昨年もそうだったけれど・・・

 

何か策を考えなければ・・・!!

 

どうするッ!?
(;゚Д゚)

 

ながさきめぐりあい事業のHPは⇨コチラ。
つづく。
つづきを読まれる方は⇨コチラ
スポンサーリンク
<

にほんブログ村

婚活ランキング